スクフェス通信~ラブライブ!情報局

スクフェス・サンシャイン・声優他ラブライブ情報

【簡易レポ】「電撃G’sマガジン」にキャストインタビューが載ってるよ~【ラブライブ!サンシャイン!!】

   



電撃G’s magazine (ジーズマガジン) 2016年 09月号 [雑誌]


「電撃G’sマガジン」9月号より3号連続でAqours表紙です
2年→1年→3年
そしてキャストインタビューも3号連続掲載です


というわけで気になったことなど


伊波杏樹(高海千歌)
・以前からラブライブ!の大ファンだった
・推しは小泉花陽ちゃん
・オーディションを受けた時は新人だった
・当時は舞台の仕事をしつつ声優オーディションに挑戦するもなかなか合格出来ずにいた
・憧れの作品なので強いキモチで臨んだ(不合格だったら声優を諦めようと考えてた)
・いざ合格すると喜びよりプレッシャーの方が大きくて気持ちの整理が大変だった
・1stリリイベ(1/11)を通して仲間の大切さを感じて少しずつ気持ちが楽になっていった
・千歌が最初はプレッシャーだったけど今ではかけがえのない相棒

逢田梨香子(桜内梨子)
・高校の頃、ロサンゼルスに移住して現地の高校に通っていた
・元々μ’sの音楽が好きで、TVアニメやスクフェスにも触れていた
・梨子ちゃんのイラストを見て一目惚れ
・この9人なら梨子ちゃんが一番
・梨子ちゃんに近づけるよう試行錯誤している時に一番やりがいを感じる
・1stリリイベ(1/11)で会場から温かい声援が聞こえてきて励まされた
・あの時3曲披露したけど息があがってしまってステージの上は戦場だということを知った
・μ’sが笑顔で歌って踊っていたけど改めて尊敬した
・TVアニメで千歌たちがμ’sに憧れてAqoursを結成しようとするけど今の自分たちの心境ともリンクしていると感じた

斉藤朱夏(渡辺曜)
・Aqours最年少
・焼肉のおいしさには目覚めていないらしい ←
・スクフェスがきっかけでラブライブを知った
・声優が芝居だけでなく歌って踊るスタイルが新鮮で、その魅力に引きこまれた
・小学校のころからジャズとヒップホップを中心にダンスを習っていた(小4頃から ※浦ラジより)
・課題曲の「僕らは今のなかで」を披露する時、歌に合わせてダンスを踊った(穂乃果の振り付けを全部覚えてた)
・オーディション合格の知らせを聞いて感動で大号泣した
・3泊4日の合宿でメンバーの新しい一面が見られたり貴重な交流が出来た
・この1年間で一番嬉しかったのは2ndシングルの総選挙で曜ちゃんがセンターに選ばれたこと
・一番幸せを感じたのは1stリリイベ(1/11)で初めて9人揃って歌とダンスを披露出来たこと
・逆に悔しかったのは今まで一度も間違えたことのなかったダンスの振り付けを本番で間違えたこと
・1stライブではリベンジしたい


ま~リップサービスとかあるかもしれないけど大体こんな感じです
今までμ’sの話やラブライブを知ったきっかけなどはメディアで話してこなかったので新鮮でした
裏話的なものもあるので興味がある方は




電撃G’s magazine (ジーズマガジン) 2016年 09月号 [雑誌]

・一言コメント

キャストインタビューあるから買って損は無いかも

写真とかは雑誌買って見てください