スクフェス通信~ラブライブ!情報局

スクフェス・サンシャイン・声優他ラブライブ情報

【ライブ】「Aqours 1st LIVE(仮)」に向けてコールやペンライトなど初心者講座

      2016/10/03 09:14

ライブ初参加者、初心者向け講座
本来なら私なんかが言うようなことではないんですけど、参考になるかもしれないので


【持ち物】
個人の主観です

・財布(+身分証明証)
 ライブというか日常生活の必需品

・チケット
 無いと入れません

・軽装
 半袖+短パン+スニーカー
 ライブという名のスポーツだから動きやすい服装の方がイイですね
 当たり前だけどこの服装で真冬に外歩き回ったら風邪引くので、冬服の下に着ていくのが良いかと
 ハイヒールは危ないから避けた方がイイです
 冬場でもライブ中はかなり暑くなるし、厚着だと結構キツイです

・光る棒
 アニメ声優系のライブだと使う人多いし、ほとんどの人が持っているので持っていった方がいいかも?
 ラブライブレードみたいな色変えられるタイプが便利
 なかったらなかった素手で適当にやるので、必須品ではありません
 ※ライブハウスでは全く使わない人もいます

・タオル
 結構汗かくからあった方がいいかも?
 あと現場によってはタオル回し曲もあったりなかったり

・飲み物
 脱水症状に注意


【光る棒】

光物は大きく分けて2種類
電池式のペンライトと化学発光タイプのケミカルライト(いわゆるサイリウム)
ペンライトは電池が切れたら、ケミカルライトは薬品が尽きたら暗くなります
ケミカルライトは一定時間たつと暗くなります
ペンライトの電池切れはそうそう起こらないと思います

ペンライトは電池式なのでスイッチを押すと光ります
ペンライトには2種類あって、単色タイプとカラーチェンジ可能なタイプ
ラブライブレードは後者のタイプ
単色の場合は推しキャラのイメージカラーを用意すれば良いかと
カラーチェンジ可能なタイプは10色以上なら大体、全員分のイメージカラー入ってると思います
ボタンを推すと色が変わります

そして、ケミカルライト(サイリウム)の場合は折らないと光らないので注意
意外と硬いので注意
一般論として暖色系は明るいけど、寒色系は暗いです
UO(ウルトラオレンジ)は持続時間数分、輝度は全色中最高です
最近は某メーカーでは大閃光の更に上の大閃光極が出来たので青や白でもそれなりの明るさになります

ま~そのうちライブ物販でAqours専用ペンライト販売すると思います


▼ペンライト

写真:ペンライト

▼ケミカルライト

写真:ケミカルライト:超高輝度楕円ウルトラオレンジ


【折り方】




【振り方】

ペンライトは基本、縦方向に振ります
通常時は1拍毎に振るか、2拍毎に下上下上と振るか、2拍毎に振るかでいいかと
迷ったら周りやリズムに合わせて適当に振っておけばOK
割りと適当でOK
以下、要所で使う技(?)

・裏打ち
 使用箇所:イントロ・アウトロ・間奏・PPPH後など
 「(うー)はい!(うー)はい!」と裏拍(2拍目、4拍目)にコール入れて、コールに合わせてペンライトを振る動作
 演者が要求してくるケースがよくあるので、要求された場合もやる感じ
 使用頻度は高め(多くの曲で使用)

・捧げ
 使用箇所:開幕サビや落ちサビ・Cメロ、曲ラストなど
 下から上へ捧げるようにペンライトを振る動作
 bpmにもよるだろうけど大体4拍毎で割りとオーバーアクションに
 これも使用頻度は高め

・Bメロ警報/PPPH
 使用箇所:ミドルテンポの跳び曲でBメロ直前~Bメロにかけて
 厳密な用語説明は置いとくとして…
 Bメロ警報:Bメロの8拍前から「はーい はーい」「はいはいはいはい 」とコールを入れる、ペンライトもコールに合わせて振る動作、あくまで警報なので別にやらなくて良いです
 PPPH:アニメ声優系では、4拍ごとに「う~~~ はい」と言って、コールに合わせて4拍目で(擬似)ジャンプする動作
 4回、もしくは8回やったらサビ入る前に自然消滅

・フワフワ
 使用箇所:ポップな?曲のサビ
 例えば夏色えがお~だったら「(真夏のせいだよ 1,2) FuFu-!」「(光のシャワー)FuWa FuWa FuWa FuWa」というように(裏声で)コールを入れること
 Waの音は「う」と「わ」の中間音くらい、表記に直すと「フヮ↑フヮ↑フヮ↑フヮ↑」という感じ?
 FuFu-!は3拍目の裏と4拍目の頭
 ペンライトの動きは「FuFu-!」はリズムに合わせて叩く感じ、「FuWa」はペンライトを1拍で1回転させる感じ?

・ワイパー
 使用箇所:スローテンポのバラード
 自動車のワイパーのようにペンライトをゆっくり左右に振る動作
 演者が要求したらそれに合わせてやる感じ
 アニメ声優系の場合は鏡に写った方向で(演者にとっての右なら左、左なら右、と客席から見えている通りに)
 何気に一番疲れる動作

・手拍子(クラップ)
 使用箇所:原曲にクラップが入っている曲
 ペンライトは使わず素手で手拍子
 演者が要求したらする感じ?
 あまり使用頻度は高くありません

・タオル回し
 使用箇所:タオル回し曲
 リズムに合わせてタオルを回す動作
 二つ折りにしてタオルの両端を持つと回すと長さ的に丁度いいかも?
 やる場合はMCで前振りがあります

・地蔵
 使用箇所:バラード
 地蔵の如く直立不動でステージを観ること
 何して良いかよくわからなくて何も出来ないパターンとステージに意識を集中するために敢えて何もしないパターンの2種類があります
 

ま~習うより慣れろですね
パターン少ないからライブ映像見ながら練習してればすぐ覚えます
暴論ですけど適当に周りに合わせておけばOK

ステージをちゃんと見た方がイイのは当たり前ですがたまに演者が色々要求してくることもあります
例えば間奏などでリズムに合わせて腕を突き上げたら裏打ちをする、マイクを客席に向けたらその部分の歌詞を叫ぶ(歌う)、(頭上で)手拍子をしたらクラップする、両手を大きく左右に振ったらワイパーをする、等など見たまんまの動作をします


【コール】

曲によってはライブ楽曲の歌詞の部分にコールを入れます
入れる箇所は歌詞カードのカッコ内(全部)
例えば「君のこころは輝いてるかい?」なら「わっしょい!ときめきオーライ!」など
コール前提の曲もあるので予習しておいた方がいいかも?
ま~義務では無いのでやりたいようにやればOK

コールアンドレスポンス(お決まりのやり取り)はまだ定着しているとは言い難い状況なのでとりあえずスルーで
・一言コメント

μ’s 5thの時の焼き直しです

ライブの楽しみ方なんて人それぞれだし、あからさまな迷惑行為をしなければ個人の自由だと思います
要するに適当でOK
冗談ではなく割りと本気で言ってます
一番大事なのは周りに合わせることではなく、公演を楽しむことですしね

ライブ初心者や初見の場合によくある失敗は、コールやら光る棒やらに気を取られてステージを見逃すパターンなので、あまり神経質にならずにステージに意識集中した方が良いと思います

コールとかはもちろん揃ってた方がイイんだろうけど、あんまり義務的な感じだと息苦しいし、落とし所が難しいですね

ま、予習はしていった方が楽しめると思うから、余裕があるなら既存曲聴いてから参加した方がイイと思います

間違いなどあれば